公証人の使命

公証人

公証人は、私営で公務を遂行する者です。あまり魅力的に聞こえないかもしれませんが、しかし、そうではありません: 公証人は昔も今も、 私営で 行政サービスを効率よく 提供できている成功例だからです。

実際、 市民に価値の高い行政サービスを提供することは、 優先されて然るべき国家事業です。 その一部が、私たち公証人の管轄です。私たちは、法に基づき、立案と利害の調整を目的とした法的取引のサポートをします。

従っ て、公証人のサービス提供は、決して自己目的のために行っているものではありません。むしろ、法的安定と係争回避に貢献しています。更に、 実生活及び法律環境の複雑化や国際化が進む中、 私たちは、個人が公私ともに、そういったものを理解・整理できるよう、お手伝いをします。


最高の形で任務を達成するためには、私たちは自分たちから常に最高のクォリティーを要求しなければなりません。 それがゆえに、公証人は、原則に従って、選りすぐりの候補者から選ばれ、常に専門研修に参加することを義務づけられています。

同じようなことを、私たちはスタッフからも要求しています。正確な認定書が迅速且つ円滑に作成され、そしてそれに続く措置が綿密に実行されたとき、初めて公証人の行政サービスが最善の形で遂行されたと言えます。

私たちが自分たちに要求するものは、至ってシンプルです。 それは、ベストを尽くし、最高のサービスを提供することです。このことに関して、 異議を唱える 依頼人の方は居ないと確信しております。

ご依頼を心よりお待ちしております。