公証人と

相続法

人は誰でも自分の死についてあまり考えたくないものです。そのためか、ごく僅かな方しか遺言状を用意していません。ほとんどの方は、遺産の処理を法 的相続順位に任せますが、多くの場合、その相続順位についての知識がありません。ところが、法的相続法の適用によって好ましくない結果が出る事もあり得ま す。例えば、遺された配偶者、もしくは婚姻関係にないパ-トナ-が十分に保護されない場合があります。また、間違った、もしくは不十分な処置が、遺族内の 争いの原因になったりもします。 あるいは次世代への、企業の引継ぎの際に、企業の存続自体が危険にさらされることもあります。

こういっ たことの処理を法律に任せるよりも、自分で整理する方が賢い選択だと言えるでしょう。一度そう思えば、 相続順位を合理的に計画することができます。公証人は、遺言作成のサポートも致します。公証人は依頼人に様々な可能性やリスクを指摘し、遺言者と共に遺言 者の真の要望に添った解決を見つけます。既に相続開始が生じている場合も、公証人は遺産相続人を全面的にサポート致します。相続証書と遺言執行者証明の申 請にも同行します。ご希望により、遺産分割の際のお手伝いもさせて頂きます。