公証人と

国際法

人と人の間の距離を縮めているのはインターネットだけではありません。 国際化自体が、社会に大きな影響を及ぼしています。あなたは、外国に不動産を所有しているかもしれないし、または、外国で家を購入したいかもしれない。 外国人の配偶者と夫婦財産契約書、または、 相続契約書を締結したいかもしれない。または、外国の企業がドイツに支店や子会社の設立を予定しているかもしれない。 このような国際化したケースでは、 ただでさえ複雑な法的状況が更に複雑になります。

ここでもまた、私たちは、お役に立つことができます。始めに、そもそもどの司法権が適用 できるかを確定します。外国の法律が適用される場合、その特殊性との取り組み方について助言させて頂きます。それが可能である場合は、ドイツの法律の選択 を提案します。そうでないケースの場合は、法律関係文書の作成にあたり、全ての関係者と共に、適用可能なその外国法の影響を考慮します。私たちの目的は、 ただ一つ。クライアントにとって明確な文書を作成することです。