公証人と

会社法


あるビジネスの発想が実現、成功するまでには、いくつかのハードルを乗り越える必要があります。中には法律上のハードルもあります。私たちは、それを乗り越えるお手伝いをします。

例えば、そのビジネスに適した会社形態を選ぶ際にご相談にのれます。これは重大な判断です。この判断によって、どの程度の個人責任を負うのか、会社にはどのような課税方法が適用されるのか、決算の必要があるのか、またその決算方法等が決まるからです。

あなたが一人で、もしくは複数のパートナーと共に会社を設立したい場合、それぞれの利害関係を調整します。 全当事者にとって納得のいく、カスタムメイドで調和の取れた定款を作成し、必要な商業登記簿の登録のサポートもさせて頂きます。

既 存の会社にとって、何らかの変更 —  例えば、組織変更や会社形態の変更 — が必要となる場合もあります。また、合併、 国際レベルのジョイント・ベンチャー、といったケースも考えられます。一部ビジネスを分離したい、企業をいくつかの会社に分割したいと思われるかもしれま せん。これら全てのケースに私たちは公証人としてご相談に応じられます。また、よろこんで国内外の弁護士、会計士、投資銀行行員の方々と共同で応じること もできます。いずれの場合も、私たちは、 自主的、かつ中立な立場を保つことを保証致します。